当サイトではCookieを使用しています

×

Impinj では、Cookieを使用して当社ウェブサイトでのユーザー体験の向上に努めています。 Cookieにより、特定の機能や共有機能を利用したり、(当社や他社のサイトで)興味に合ったメッセージを表示させることができます。 また、当サイトの利用状況を当社が把握することも可能になります。 当サイトを引き続きご利用いただくことにより、当社のプライバシーポリシーに従って当社のCookieの使用にご同意いただいたものとします。

Skip navigation

RAIN RFID を活用した手荷物トラッキングで世界の航空業界を変革

航空会社や空港では、手荷物の取扱業務の最適化や、乗客体験の向上、荷物の取り扱いミスによるコストの削減に取り組んでいます。

空港の手荷物引取所の写真

1 つの自動手荷物トラッキングシステムで、コスト削減と旅行客の満足という 2 つの目標を達成

Impinj のパートナーが開発した手荷物トラッキングソリューションでは、空港と航空会社が、チェックインから地上での移送、飛行機への積み込み・荷降ろしまで、正確に手荷物をトラッキングすることにより、自動システムの中を流れる手荷物のデータを高速かつ正確に取得できます。 航空会社がその情報を共有することにより、乗客は安心して空の旅を楽しむことができます。

イラスト-Impinjプラットフォーム-スタックレイヤー

手荷物トラッキングソリューションのためのプラットフォーム

Impinj のプラットフォームに用いられる RAIN RFID は、個々のアイテムに一意の識別情報を提供し、目視することなく、瞬時に膨大な数のアイテムを読み取ることができる、電池不要の無線技術です。 当社のプラットフォームを活用した手荷物トラッキングソリューションにより、航空会社や空港は次のことが可能になります。​

  • 乗客体験を向上させつつ、手荷物の取り扱いミスにかかるコストを削減
  • 手荷物取り扱いの作業を効率化して遅延を低減
  • 手荷物取り扱いを可視化して臨機応変な対応を実現

Impinj の RAIN RFIDによる手荷物トラッキングの仕組み

タグの付いた荷物のイラスト
荷物にタグを付ける

Impinj の技術を採用したタグを乗客の荷物に取り付けます。 Impinj のタグチップは耐久性が高く、遠距離で目視できない場所からでも読み取り可能です。

読み取り中の荷物のイラスト
荷物を読み取る

Impinj の技術を採用したリーダーで、手荷物仕分けシステム内を流れる手荷物を識別し、位置を特定します。 リーダーは毎秒 1000 点ものアイテムを識別することができます。

携帯電話でトラッキングされる荷物のイラスト
荷物を可視化する

荷物のデータを航空会社や空港のシステムに連結します。 移動中の荷物をトラッキングし、最新情報を乗客にモバイルで提供します。

荷物を積み込み中の飛行機の列

手荷物取り扱いの効率化とコスト削減

RAIN RFID を活用した手荷物取り扱いソリューションにより、混雑するポイントを特定し、問題個所をなくすことで、手荷物の積み込みや処理、荷降ろしの精度が向上します。 また、手荷物取り扱いのプロセスを大幅に自動化できるため、手作業が減り、コスト削減につながります。

空港でカスタマーサービスの列に並ぶ人々

手荷物の取り扱いミスや紛失にかかるコストの削減

旅行中に手荷物を紛失ほどがっかりすることはありません。 リアルタイムで手荷物を特定して所在をトラッキングすることにより、正確な目的地と時間で、確実に乗客に手荷物を届けることができます。 データはエンタープライズシステムへ簡単に移行可能なため、乗客は自分の荷物の移動経路を携帯電話で確認できます。 デルタ航空など、RAIN RFID を活用したトラッキングシステムを既に導入した航空会社からは、RAIN RFID のタグが付いた手荷物の読み取り成功率は 99.9% と報告されています。

空港で手荷物検査の列に並ぶ人

乗客体験を向上する

リアルタイムのトラッキングによって透明性と可視化を確保し、乗客が安心して空の旅を楽しめると同時に、航空会社や空港レベルで手荷物の取り扱いに対する印象を改善することができます。 旅行客が増え、航空会社の選択肢が増えている現在、顧客の期待に応え、それを超えていくことが、航空会社が競争力を保つための必須条件となります。

お客様-ストーリー-ニューアーク-空港-向上-旅行-体験-による-RAIN-RFID-特長-画像

顧客事例

ニューアーク空港、RAIN RFID で旅行体験を向上

ニューアーク空港はセキュリティチェックを通過する荷物をトラッキングするために RAIN RFID を使用し、旅行体験を向上させ、セキュリティプロセスを合理化しています。 Impinj パートナー MCS Automation の RAIN RFID ソリューションを採用したことで、荷物取り扱いプロセス中に手荷物が止まり、乗客が遅延を体験することが少なくなりました。 空港の従業員は作業効率が上がり、遅延している手荷物の所在を速やかに特定することができます。